スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • ケリー国務長官は、偏見かもしれませんが、前任のヒラリー・クリントン国務長官に比べると北朝鮮に対する認識が甘い印象を受けますね。また、対中国でも彼の国に対する警戒が薄いように感じますね。その内に思い知るのでしょうが。何しろ根本原理からして違っているので理解しようがない、ということを理解しないとダメというのが私(のみならず多くの人々)の感じですね。

    コメントする 2013/04/15 16:10

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可