スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 重要なことは、想定そのものではなくて、そういう想定をする根拠、ということになるのですが、おそらくは「短期的にもう上がった」という相場つき、と「円レート想定」が根拠の中で大きなものとなるのでしょう。欧州経済はどうも不調で、金利の下げがありそう=対ユーロで円高の要因、ですし、アメリカも企業業績はいいのですが、マクロ経済はもうひとつパッとしません=米金利に下押し圧力=対ドルで円高の要因、です。

    コメントする 2013/04/26 10:13

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可