スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • アメリカの金融情勢、欧州の金融不安再燃不安、中国の銀行システム不安、などを考えますと、かなり真剣に今年の秋の調整局面(つまりは株価が下がるということ)を想定しておくべきという気もしています。その時にポジションに余裕があれば買いに回ることができますし、大きな下げがあるならそれに対して売りで対処して利益をあげることもできるはずです。

    コメントする 2013/07/15 09:43

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可