スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 欧州景気の底打ち、中国もそうかもしれない、政治情勢はシリアが落ち着くかも、ということで、株価大下げとなる要因はあまりないのかもしれませんが、アメリカの金融緩和縮小→長期金利上昇、は予想以上に株価の下げに影響するかもしれません。売り方にとっては、これが最大の拠り所なのでしょうね。

    コメント2件を表示する 2013/09/10 10:40

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可