スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 国内では、消費税引き上げ→財政への信任向上、という面がありますが、来年の景気に対してはネガティブなことは確かでしょうから、そのあたりの綱引きで秋の下げがあるかないか、あるとすればどれくらいの規模か、が変わって来るのでしょうね。最も妥当な対応とすれば、日経平均がここからさらに上昇したら、警戒感を持ちながら静観する、積極的に対応するなら状況に応じて先物の売りポジションを取る、といった辺りでしょうか。

    コメントする 2013/09/10 10:43

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可